健康

多発性硬化症という病気について

私、多発性硬化症という病気にかかっています。

 

名前を聞いたことのある方もいるんじゃないでしょうか?

最近、日本でも若い世代(20代~30代)で増えています。

 

今回は、そんな多発性硬化症という病気について書いていこうと思います。

 

症状や治療について

 

症状について

症状についてですが、多発性硬化症は

大脳・小脳・視神経・脊髄・脳幹のどこにでも

病変ができる可能性があります。

 

主な症状は以下の通りです。

感覚障害 触ったものの感覚がわかりにくい、皮が一枚多くかぶっているような感覚になる、温感が分かりにくい。
運動障害 手や足に力が入りにくくなる、歩きにくくなる。
視覚障害 視力が低下する、視界がぼやける、視野が欠ける、ものが二重に見える、色の区別がつきづらくなる。
疲労 疲れやすい体質になる、1日中極度の疲労感がある。
痛み 腕、下肢、胴体、顔に、チクチクと針で刺すような痛み、ヒリヒリと焼けつくような痛みがある、手足がつりやすくなる。
平衡機能障害・
ふるえ
ふらついてまっすぐ歩けなくなる、手を動かしたときに震える、めまい。
認知機能・
感情障害
記憶力・集中力・判断力の低下、抑うつ。
排尿障害 頻尿、急に尿意をもよおす、尿が出にくい。
性機能障害 勃起不全、射精不十分、感覚の低下。

あくまでも主な症状なので、

病変が発生する部位によっては、上記以外の症状が発生する場合もあります。

 

どのようなメカニズムで症状が発生するのか?

発生する原因は様々で、主に感染症や、外傷、またストレスなど原因で

発症します。一般の人であれば、免疫系がこれらの症状から

身を守ってくれます。しかし、多発性硬化症の方の免疫系は

誤って自分の神経細胞を攻撃してしまうのです。

これが、再発と呼ばれるものです。

 

神経細胞は、電線をイメージ頂けるとわかりやすいと思います。

 

電線はゴムでカバーしてあって、中に銅線がありますよね?

神経もそれと一緒で、再発時はその電線のゴムが

剥がれ落ちてしまっている状態なんです。

 

それによって、神経での情報の伝達がうまくいかず、

症状が発生してしまいます。

 

どのような治療をするのか(寛解時)

まず、安定しているとき(寛解時)には

再発予防の薬を投薬します。

再発予防の薬も最近になって沢山の選択肢があります。

有名なものは以下です。

個人的な差はありますが、一般的に

下に行くほど再発抑制の効果は高いとされますが、

その分重篤な副作用が起きやすいです。

 

・アボネックス(筋肉注射を1週間に1回)

・ベタフェロン(皮下注射を1日に1回)

・テクフフィデラ(カプセルを1日に1回飲む)

・ジレニア、イムセラ(カプセルを1日に1回飲む)

・タイサブリ(点滴を1か月に1回行う)

 

私はこのなかの3種類つかったことがあるので、

あとで効果や副作用について記事にしようと思います。

 

どのような治療をするのか(再発時)

再発時は、ステロイドパルス療法といって、

ステロイドを3日間点滴を1クールとして、

1クール終了後、まだ良くならないようであれば

1週間ほど期間を空けてまた1クールの点滴を行います。

 

私自身は、ステロイドパルスが効くのか?

1クールの点滴で大体よくなってしまいます。

 

ただ、このステロイドパルス療法・・・

効果は凄いんですが、副作用もそれなりにあるんですよね。

それでも、背は腹に変えられません。

 

私はこれまでに何回もステロイドパルスを行っているので、

またその体験記もいずれ記事にしようと考えています。

 

また、ステロイドパルスが効かない方には、

血漿交換療法という治療もあります。

 

もうこれは最終手段に近いものですが、

要するに体の血液を全て循環させ、きれいにして入れ替えるというものです。

私は経験ありません。

 

この病気の発症の原因について

多発性硬化症の発症原因について

発症の原因についてですが、詳細な原因はまだ分かっていません。

今のところ、以下が有力なようです。

 

1.遺伝的な要因

アジアやアフリカでは発症人数は少ないが、

ヨーロッパなどの欧州では発症人数が多いことから、

遺伝的な要因が関係しているのではないかと

いわれています。

 

2.食生活の欧米化

もともと日本では少ない病気だったが、

近年になって発症者が増えているということから、

日本人の食生活の欧米化も関係しているのではないかと言われている。

 

多発性硬化症の患者には、ある腸内細菌が少ないということが

最近になって分かったようです。

 

その腸内細菌は、ケフィアなどの発酵食品によって作られます。

 

昔の日本人の食事は、納豆や味噌など、発酵食品が多かったですよね。

だから以前は日本人の多発性硬化症患者が少なかったのかもしれません。

 

3.ビタミンD不足

個人的には、こちらは要因としては薄いのではないかと考えますが、

ビタミンDの不足も原因ではないかと言われています。

 

人は、日照にあたることにより、ビタミンDが体内で生成されます。

 

日本国内だと北海道に患者が多く、逆に沖縄だと少ないそうです。

 

これは北海道と沖縄での日照時間の違いではないか?との見解のようです。

 

ただし、既に多発性硬化症にかかってしまった人は、

過度に日光を浴びないようにしましょう。

理由は、日焼けをすることにより、再発のリスクが高まるからです。

(少量の日光浴であれば、全然問題ありませんので、

そこまでナーバスに考えることはないかもしれませんが。)

 

遺伝はするの?

結論からいうと、確実に遺伝する、ということはないようです。

基本的には病気自体の遺伝はしないようですが、

ただし、アレルギー体質が遺伝するように、

遺伝が多発性硬化症になりやすい体質に

寄与する可能性はあると、研究からわかっています。

 

また、人に移ることもありません。(当然ですが)

 

妊娠・出産はできるの?

可能です。

ただし、妊娠中は再発予防薬を使用することができません。

多発性硬化症の再発予防薬には、奇形児などが生まれるリスクが高まるため、

妊娠・出産を希望する方は事前に主治医に相談することが重要です。

 

基本的に、妊娠中は再発のリスクが下がります。

ただし、出産3~6か月間は、再発のリスクが高まるようです。

母体が、赤ちゃんだけは守ろうと妊娠中は

再発しにくいようになっているんですかね?

 

終わりに

ざっくりと多発性硬化症について、書きました。

今後は自分が、実際にこの病気になって経験したこと、

治療薬や先生から聞いた最新情報などを発信していきます。

ABOUT ME
ラキマル
ラキマル
関東在住。SEとして働いてる28歳です。 中身は人生色々なことして楽しみたい少年です。