ライフハック

日記を1年書いてみて学んだメリット、継続のコツ

私、約1年日記を書き続けています。

日記というと3日坊主の代名詞的な存在ですよね!

自分でも1年近く続いていることにかなりビックリしています。

今回は、そんな三日坊主の僕が日記を続けられた理由と継続するコツ。

また、1年日記を書いてきて得たことやメリットなどをまとめました!!

 

日記を書き始めた理由

日記を書き始めたきっかけとしては2つありまして・・・

 

ある日、こんな本を読みました。

 

内容をザックリと要約すると、

毎日7分間だけ本気で考えて日報を書く。

書く内容はその日うまくいったこと、失敗したこと、改善点、明日の目標。

そうすることで自分を客観的に見ることができ、

結果として仕事のスキルアップや成長につながる。

ということ。

 

影響されやすい私は早速実行してみました!w

 

2~3週間ほど続きました。

書いてるうちに新人の研修時代を思い出しました。笑

 

最初はいいのですが、書いてるうちに

「何を書けばいいんだろ・・・」と頭を悩ませてしまいます。

 

そんなこんなで3週間くらいで日報は辞めてしまいました。

 

ただ、一日の最後にその日にあったことを書くのは

心の平静を保つ意味でもいいことだな、と自分なりに思ったので、

日報という形ではないですが、日記という形で続けていこうと思いました。

これが第一の理由です。

 

第二の理由ですが、私は多発性硬化症という病気にかかっていて、

半年に一回ペースで入院して、治療をしています。

その際に使用する治療薬が中々副作用が強く、

しかも毎回副作用が同じというわけでもないのです。

 

前はどんな副作用があったっけ?とか、

病気日記みたいな意味合いも込めて、日記を継続しました!

 

日記に書く内容

日記に書く内容としては、ほんの些細なことでいいと思います。

「今日は特に何も変わったことがないから日記に書く内容がない…」

なんて思わなくていいんです。

そんな風に考えてしまうと日記を書くこと自体がストレスになってしまいますからね。

 

極端な例ですが

「今日のお昼ご飯はカレーを食べた。」

とかでもいいんですw

 

もし、その日のうちに何か印象的なこと、

この考えは後で自分が日記を読み返したときの為に

残しておきたい、ということは日記に書くことにしています。

 

どんな日記を買えばいいの?

これも本当に何でもいいと思います。

私は普通の大学ノートに書いています。

まだ埋まらないので、埋まったらちゃんとした日記帳を買おうと思いますが、

大学ノートでも十分です。

 

もし他人に見られたくない!というような人は、

鍵付きの日記帳なんかもあるので、そういうのを使用しても良いかもしれませんね。

 

日記を続けるコツ

答えになっていないかもしれませんが、

とにかく続けることがコツです。

 

・・・何言ってるかわかりませんね。

まず、継続できない理由は

習慣になっていないから

なんですね。

 

人が何かを始めたときに習慣になるのは、3週間と言われています。

その3週間日記を何とか続けてみれば、きっとそれ以降も続けられるはずなんです。

では、どうしたら最初の3週間続けられるか?

それは、気負わないことです。

書く内容は何でもいいんだ、と自分を納得させることです。

 

継続できない人の多くは

日記に書く内容が無くて考え込んでしまって、

結果として日記=辛いものというイメージを持つことが大半です。

ですので、書く内容がないときはその日に食べたものなどでもいいので、

まずは3週間続けられることをお勧めいたします。

 

日記を書くことのメリット

ストレスの解消になる

これは意外と思われるかもしれませんが、

科学的にも証明されているんです。

 

私も実際に日記はストレスの解消になっていると思います。

それは、日記は誰かに見られることを前提として書いていないからです。

誰かに見られることを前提としたSNSなどでは、

本音などを打ち明けられないですよね?

しかし、自分だけが見るという前提である日記は、

思いの丈を全て吐き出すことがストレス解消になるのです。

 

「あんなにイライラしていたのに、

書いてみると案外そんなにイライラすることでもない」

と自分のことを客観的に見ることができます。

 

脳トレになる

一日の最後にその日にあったことを思い出す習慣がある人と

何も考えずに一日を過ごす人では、記憶力が桁違いなんですね。

 

実際、私も日記を書くようになってから記憶力がアップしました。

 

仕事でも「あの案件ってどんなんだったっけ?」ということが

少なくなりました。

これも日記で毎日を省みている結果なのかな、と思っています。

 

また、自分の思いを文章化する能力をアップすることもできます。

結果として、語彙力アップに繋がりますね。

また、分からない漢字は調べたりしながら書くので、

漢字のお勉強にもなります。笑

 

自分の成長を可視化できる

毎日日記を書いて、1か月以上たったら

読み直すことをお勧めします。

すると、1か月前の自分との対話ができるのです。

その時の自分はどういう考えをしていたか?

どんなことで悩んでいたか?

今の自分だったらどんなアドバイスができるか?

 

また日記を半年~と続けていくと、

月ごとの自分に変化が見られます。

 

そのような自分の心境などの変化を見るのは、面白いですよ!

自分を客観的に見ることで、

日常に新しい視界が開けるかもしれません!

 

 

 

 

ABOUT ME
ラキマル
ラキマル
関東在住。SEとして働いてる28歳です。 中身は人生色々なことして楽しみたい少年です。