未分類

やらない後悔よりやる後悔について

最近、本を読んでいると「やらない後悔よりやる後悔」や、「JUST DO IT」などのワードを度々見かける。

意味合いとしては「悩んでるならやっちまえ!」って感じだろうか。

自分的にもこの考えは素敵だなぁと思ってる。

ステキな考えとは分かっているけど、踏み込めない自分がいる。

理由は、「養うべき家族がいる」から。

というのも、ここで自分が無計画に取り敢えずやって見て、自分の収入が今より愕然と減ってしまった場合、きっと俺は後悔する。

現状維持していればこんなに苦労かけずに済んだのに…とか、思うことが予想される。

まあ、最初から失敗なんか気にしちゃダメなんだけどね。

でも、もしそうなってしまった場合、「やらない後悔よりやる後悔」というワードが破綻する。

やって後悔してしまうってこと。

世の中のみんな、この「やらない後悔よりやる後悔」というワードが好きだし、賛同している人も大勢いるのに、分かっているのに行動できない。そんな、自分のような人が結構いるんじゃないかな?と思っています。

ならどうしたら、自分の環境は関係なく、誰もが平等にチャレンジできる社会にできるのか?

大きい夢ですが、自分はこんな社会が実現できるようにしたいと思っています。

まだまだ勉強不足ですが、少しでもこの社会を変えていけたらいいなぁ、と考えてます。

ABOUT ME
ラキマル
ラキマル
関東在住。SEとして働いてる28歳です。 中身は人生色々なことして楽しみたい少年です。