書評

【要約】ウォール街の狼が明かす ヤバすぎる成功法則について

ども!

恐らくこのページを見ている人は、映画「ウルフオブウォールストリート」を知っている方だと思います笑

知らない方の為にざっくりと説明すると、「ウルフオブウォールストリート」とは主人公の”ジョーダンベルフォート”がアメリカの金融街であるウォール街で株のブローカーとして大成功し、その成功したお金でドラッグや売春婦を買ったり、ハチャメチャな出来事を起こしていく、というような映画です。
ビックリするのはこれらが全て実話ということです!

そんな実話映画の主人公である”ジョーダンベルフォート”が本を出していたって知っていますか?

それこそが今回紹介する本【ウォール街の狼が明かす ヤバすぎる成功法則】です。

やはり株のブローカーとしてのスキルがあるだけあり、この書籍にもセールストークなどのノウハウが詰まっています。

序章では、世の中には2種類の人間ががいると唱っています。
それは欲しいものを全て手に入れられる人間(全体の1%)と、手に入れることができない人(全体の99%)。

99%の人間は例えば、宝くじに当たればいいなぁなどと漫然に夢を持っている人間。対して全てを手に入れることができる人間は自分のビジョンを明確に持っていて、行動できる人間。

そして、この1%の人間になるにはセールスは不可避とのこと。
また、ここでいうセールスとは物を売ることだけではなく、相手を説得し、納得してもらうということが最終的なゴールなのです。
また、セールスを確実に成功させることができるメソッドこそが本書で何度も登場する「ストレートライン・システム」なのです。

このようにセールスの重要性を説いたうえで、本書は始まっていきます。

1章:誰もが「ウォール街の狼」になれる

1章の肝は、ウォール街の狼になる為に、誰もが持つ4つの資質を大切にしろ!とのこと。
ここでさっくりと説明してしまうと、4つの資質とは


1.大きな目標を設定する
2.ポジティブに考える
3.理由と動機
4.心を開く

ウォール街の狼が明かす ヤバすぎる成功法則 1章


また、顧客のターゲットを絞る重要性などについても説いていて、色々と勉強になりました。ターゲットを絞るのは重要ですよね

2章:成功と富を手に入れられない本当の理由

第二章では、一般的な人が成功と富を手に入れられない理由について述べています。
あなたは「なぜ成功したいのか?」と聞かれて、その理由をすぐに具体的に答えられるでしょうか?
第二章では、すぐに答えられるようにすることが重要、とのことです。
理由については、是非本書を読んで解明して頂ければ…

3章:あなたの財布が自動的にうるおう「ストレートライン・システム」3つの秘密

第三章でいよいよ本書の肝となる「ストレートライン・システム」について触れていきます。
実は、映画の中でもストレートライン・システムを利用しているそうです。
それは、デカプリオが電話で客に株を勧めるシーンで使われているそうです。

あそこのシーンは実際にジョーダンベルフォートがレオナルドディカプリオにストレートライン・システムを8時間ほど指導したそうですよ。

4章:ストレートライン・システム「5つのシグナル」とルーピング

第四章では、ストレートライン・システムについての詳細を説いています。
概要だけ聞くと、この手法は「全ての客のクロージングを成功させる」と思われるかもしれませんが、そんな魔法のような手法ではありません。

少しでも見込みのある客を限りなくクロージングの成功に近づかせる技術なのです。その手法について、客の状況ある状況を数値化して見える化することが重要とのこと。

5章:ストレートライン・システム「トナリティー」と「ボディ・ランゲージ」

言葉というのは、

  • 言葉
  • 声の調子
  • ボディランゲージ

となります。
各項目の横の数値は相手に伝わる割合を示しています。
つまり、どんな言葉を話そうと内容的にはあまり入ってきておらず、相手の声の調子やボディランゲージが相手に深い印象を与えるということです。

第五章では、その3つの要素を具体的にどのように使い分けるのかが詳細に説明されています。

6章:ストレートライン・システム「見込み客の発掘」と「生涯にわたる顧客づくり」

営業で重要なのは生涯にわたる顧客を作ること。
その生涯にわたる顧客はどのようにすればつかみ取ることができるのか?を説明しています。

7章:ストレートライン・システム「台本」

いくら凄腕の営業マンとはいえ、何も見ずにセールスをするのは不可能。できるセールスマンほど、台本を用意しているとのことです。

じゃあどんな内容の台本を作ればいいのか?を第七章では紹介しています。

まとめ

ジョーダンベルフォートという人間自体、既にドラッグや詐欺で逮捕されていることあり、「内容的にも胡散臭い内容なんだろうな…」と半分思いながら読んでいましたが、実は物凄い真面目な人物であることが伺える内容でした。

営業・セールスを仕事にしている方は、是非読んでみてもよいのではないでしょうか?
内容的には、色々と自分の知らない新しい発見ができて、勉強になりました。

では、また。

ABOUT ME
ラキマル
ラキマル
関東在住。SEとして働いてる28歳です。 中身は人生色々なことして楽しみたい少年です。