ビジネス

サクラエディタを使って業務時間を短縮しよう!

ども!
仕事でPCを利用する人が多いと思いますが、その中でもメモとして利用しているのはWindowsで標準のテキストエディタ―ではないでしょうか?

今回ご紹介するのはフリーのテキストアプリとして有名な「サクラエディタ」です!このsakuraエディタですが、機能が非常に豊富で優秀です…
今回は現役のSE(システムエンジニア)の私が実践している仕事の時短術をご紹介いたします!

サクラエディタって何?

サクワエディタとは、日本製のWindowsフリーエディタです!
物凄い多機能で、製作者だけではなく他の利用者もプラグインなどを開発していて、どんどんソフトに機能が追加されていきます。

そんな多機能なサクラエディタですが、多機能が故にどの機能が使ったか分からないもの…
今回紹介するのは、サクラエディタの中でも私が実際に使用してい「これはいい!」と思った機能を紹介します。

Shift + F6で矩形選択ができる

矩形選択(くけいせんたく)って何?
って人もいるかと思いますので、簡単に紹介いたします。

矩形選択とは、ザックリいうと「長方形に選択できる機能」という意味合いです。
具体例を挙げると、以下の通りです。

普通のエディタですと、横に向かってしか選択は出来ないと思います。

ただ、この選択だと縦の範囲に選択するとき不便ですよね…
「縦方向に選択をしたい!」というときにこそ矩形選択です!
Shift+F6を押した後、矢印で↓にカーソルを動かすことで、以下のように矩形選択することが可能です。

これ、紹介されただけだと「こんなの使うタイミングないんじゃ…」と思われるかもしれませんがとんでもない!

この矩形選択を知っているか知らないかでは、縦方向に文字を切り抜きたいときに何倍も時間がかかりますよ!

Ctrl + Rで置換

これもかなり便利です。
置換の機能自体はExcelなどでも使用したことがある人がいると思いますが、エディタだとその置換の効力がめっちゃ発揮されます。

例えば、以下の例だと置換を用いて「選択テスト」という文字を「選択TEST」にします。

Ctrl + Rを押して、[置換前]にテスト、[置換後]にテストと入力します

その後、[全て置換(A)]を選択することで…


このように変換することが可能です。

また、文字だけではなくタブ、改行なども変換することが可能です。
そのような場合は[正規表現]というチェックボックスにチェックを入れます。
タブや改行などの入力文字は以下の通りです。

  • タブ→\t
  • 改行→\r(または\r\n)

例えば、文字の最後に「改行テスト」という文字を入力したい場合は以下のようにします。

置換を実行すると、以下のような状態になります。

Ctrl + GでGrepを実行

Grepって何?ていう風に思われる方のためにザックリと紹介しますと、Grepとはフォルダを選択し、選択したフォルダ内のファイルの中で”特定の文字列”が入っているファイルを検索する機能です。

例えば、100種類あるテキストファイルの中から特定の人の名前が入っているファイルを検索する際、1つ1つ開いて文字列検索では時間がかなりかかりますよね?そのような時、Grepは効力を発揮します。

例えば、80個のテキストファイルの中から「おにぎり」という文字列を検索する場合、以下のようにします。

Ctrl + Gを押してGrep機能を呼び出して、検索条件を入力します。

[条件]には検索したい文字列を入れます。
[ファイル]には検索したいファイル名の条件を入れます。
(以下の例だとファイル名は何でもOKで、.txtという拡張子のファイルに焦点を絞って検索処理を行います。ファイル名は何でもOKという方は[ファイル]の欄を「*.*」とします。)
[フォルダ]には検索したいファイルが格納されているフォルダの場所を入力します。

以下の条件でGrep処理を実行すると…
(ちなみに80個のうち、1つのファイルにのみ”おにぎり”というも文字が格納されています。)


このように、検索結果がテキストの表示されます。
また、検索結果のうち、見つかったファイルの文字部分をダブルクリックすると、対象のファイルを開けます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
このサクラエディタはフリーなのに非常に高機能でかなりおススメできます。
エンジニア界隈ではこのサクラエディタ、非常に有名なのですが一般の人だとあまり知られていません。

あなたもサクラエディタの機能を使って、仕事を楽々に進めていきましょう!

では、また。

ABOUT ME
ラキマル
ラキマル
関東在住。SEとして働いてる28歳です。 中身は人生色々なことして楽しみたい少年です。