ビジネス

コピペを劇的に楽にしてくれるフリーソフト[clibor]を紹介します!

ども!

今のご時世、PCで仕事をする人が大半だとは思いますが、PCでの作業を楽にしたいと思いませんか?
PCで使用頻度の多いコピー&ペースト。
ショートカットキーを使えばすぐ終わりますが、それでもやっぱりかゆいところに手が届かないの現状ですよね。

そんな時は今回ご紹介するcliborを使ってみたらどうでしょう?

cliborって何?

cliborとは、コピペ作業を劇的に楽にしてくれるフリーソフト(無料)です!
「コピペ作業が楽になるってどういうこと?」という人も多いと思いますので、実際の使用方法を交えて紹介しますね。

cliborのダウンロード方法

cliborのダウンロードは以下のURLからダウンロードできます。

https://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se472890.html

インストール後、clibor.exeをダブルクリックすることで使用できます。
右下のツールバーに、以下のようなアイコンが出ていたら既に起動されています。

cliborの使用方法

では、早速使ってみましょう。
cliborが起動している状態で文字をコピーしてみてください。
コピーした後、ctrlボタンを2回押すと、以下のような画面が開きます。


cliborでは、コピーした文字の履歴を持つことができるのです。
ctrlボタンを2回押した後、履歴にカーソルを合わせてクリックするとその文字がクリップボードに張り付けられます。

これによって、「以前コピペしたけど、また張り付けたいからコピーしなおす」という作業が無くなるのです。これって凄く便利じゃないですか?
しかもこの機能はcliborの一機能にしか過ぎないのです…

cliborの便利な使い方

ここからはcliborの便利な使用方法を解説していきます。

定型文の登録ができる

cliborでは定型文の登録ができます。
cliborのアイコンを右クリックして、[定型文の編集]を選びます。

定型文の登録画面開き、新規登録をします。

登録後、ctrlボタンを2回押してcliborの画面を開き、[定型文]のところにカーソルを合わせます。(矢印キーで移動することも可能です。)

これだけだと、「ユーザ辞書とあまり変わらないんじゃ…」と思われるかもしれませんが、例えばパスワードなどを定型文に登録しておくと、簡単に呼び出せます。

パスワードをユーザ辞書に登録しておいても[****]とかになってしまって変換できませんもんね。定型文なら一発で張り付けられます。

※もちろん、cliborからパスワードを抜き取られるという可能性もゼロではないので、自己責任でお願いいたします。

FIFOモードで張り付け

cliborの神髄ともいえる機能をご紹介します。
それは、FIFOモードです。
FIFOとはFirst In First Out(先入先出)の略です。
使い方としては、cliborのアイコンを右クリックして[FIFOモード]を選択するだけです。

具体的にどのような使い方ができるのかというと、A,B,Cという文字を順番にコピーをしたら、張り付けも順々にA,B,Cと張り付けができます。
これ、使いこなすとかなり便利ですよ!

例えば、Excelから離れたセル同士のものを連続でコピーしたいとき、コピーして貼り付けしたらシートを移動して…という作業が当たり前でしたが、cliborのFIFOモードを使えば連続でコピーして連続で張り付けるだけですからね。

ちなみに、LIFOモード(Last In First Out)もあります。
文字通り、最後のコピーしたものから吐き出していくイメージですね。

※FIFOモードやLIFOモードは、アイコンを右クリックで起動できますが、cliborの設定で任意のショートカットキーを設定することも可能です!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は、[clibor]というフリーソフトを紹介させていただきました。
「かゆいところに手が届く」を体現したようなソフトですね。
フリーソフトなので、無料で仕事の効率が上げられるならば、インストールしない手は無いでしょう。うまく使いこなして、一緒に仕事の効率を向上していきましょう!

では、また。

ABOUT ME
ラキマル
ラキマル
関東在住。SEとして働いてる28歳です。 中身は人生色々なことして楽しみたい少年です。