未分類

ライブのMCで何を話せばいいの?という疑問に対してまとめました!

ども!

私、バンドをやっていてちょいちょいライブをやっているんですが、ライブって基本的に曲を演奏する場所ですよね?

曲の間に休憩して、バンドマンがトークをする場面があるんですが(MC)、バンドを始めたばかりの人は「何を話せばいいんだろう」という風に迷うものです。

基本的には何を話してもいいとは思うんですが、自分が経験したり見てきた中で「それはやめたほうがいいよ」とか、「これはいいな」と感じたMCについて、今回は記事にしていきます。バンドをやっていてライブの初心者の人は、参考程度に見てくれたら幸いです。

これを話すと滑るぞって内容

じゃあ、MCのアンチパターンって何なんでしょう。

バンドメンバーの自己紹介

キツイこというようで心苦しいんですが…
正直、バンドメンバーの自己紹介は寒いです。

それはなぜか?
自分たちを知ってもらいたくて自己紹介をすると思うんですが、メンバーの紹介をするくらいならバンドの紹介をしたほうがいいと思います。

バンドの紹介の例としては、「このバンドは〇〇の繋がりで結成されて、みんな結婚していて時間がないんですが細々とやっています」とかそういう内容でも良いと思います。

というのも、自分たちからしたら「オレが演奏している!オレを知ってくれ!」となりがちですが、お客さんはそんなの全然興味は無くて、バンドという1つの単位で見ているからです。

メンバーの自己紹介をするならば、せめてまずバンドの紹介をしたほうが良いと、個人的には思います。

観客を煽る

人気のあるバンドで、ワンマンでライブとかをする場合にはMCの最中にお客さんを煽るというのは大いにアリだと思います。

ただ、駆け出しのバンドがMCの最中に観客を煽っても「え?」となりがちです。優しいお客さんなら「イェーイ」とかノッてくれますが、皆が皆優しい人ではありませんからね…

曲の間違いなどを晒す

これ、初心者の人がやりがちなんですが、「今の曲、歌詞間違えちゃいました…」とか「演奏ちょっとズレちゃいました…」とかいうのはマジでNGです。

演奏している本人の照れ隠しでそういう発言をする人がいますが、そういうのを言われると聞いてるこっちまで恥ずかしくなってしまうのでやめてください笑

コピー曲ならともかく、オリジナル曲ならば間違えたって誰も気にしません。ていうか、気づきません…

内輪ネタを話す

「こいつが朝寝坊して~」とか、内輪のネタも、観客からしたら「だから?」ということになりがちです。

なので、内輪のネタもあまり話さないほうがいいでしょう。

ただ、地元の友達だけを沢山呼んだライブとかでは良いと思います。

じゃあ何を話せばいいのさ

矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、何を話してもいいと思います。
ここからは、自分が「このMCは良いな~」と思ったMCを紹介していきます。

次に演奏する曲に対する思いや作曲の経緯を話す

これが本来のMCの役割と思われます。
「次に作った曲は、〇〇をイメージしながら作った曲で…」と、前提条件を観客に与えてあげることで、演奏する曲にもスっと入っていきます

なので、裏を返せばMCをやるタイミングは自分たちのバンドのキラーチューン的な曲の前に配置するのが良いということですね。

最後の演奏曲の前のMCであいさつをする

「次で最後の曲です。これまで長い時間聴いてくれてありがとうございました。自分たちは〇〇というバンド名です。名前だけでも覚えてくれたらうれしいです」とかいうのは、結構効果的だと思いますね。

というのも、話がちょっとそれてしまいますが、学校の校長先生の話とかって基本的に聞いてはいないのですが、「最後になりますが~」といった瞬間に生徒全員の背筋が伸びますよね?

あれは、「もう少しで終わりだからそれまでの辛抱だ」という気持ちの表れでもあり、それ以降の話であればお客さんはちゃんと聞いてくれます。

なので、バンド名を覚えてもらいたい人達は「最後」を友好的に活用するのがおススメです。

MCで話す内容によって楽器隊も音量小さめでSEを演奏する

例えば、しんみりするような話とかする時はクリーントーンのギターでしんみりと。明るい話をするときはポップなSEを楽器隊が弾く、というのも良いと思います。

※大音量で演奏するとMCの声が全然聞こえなくなるので、注意してくださいね!

まとめ

色々と個人的な感想を書き殴っていったのですが、心に留めておいてほしいのが「お客さんは必ずしもあなたの話を聞きたいとは思っていない」ということです。

キツイこと言うようですが、「早く終わらないかな~」というお客さんにどれだけ自分たちの傷跡を残せるかが勝負になります。傷跡を残すには演奏も大事ですが、それと同じくらいMCも大事だと、個人的には思っています。

最後になりますが、バンドを始めたばかりの皆さん。頑張ってください!応援しています!後悔の無い、良いライブをしてください!

では、また。

ABOUT ME
ラキマル
ラキマル
関東在住。SEとして働いてる28歳です。 中身は人生色々なことして楽しみたい少年です。