書評

【書評】PIXAR 〈ピクサー〉 世界一のアニメーション企業の今まで語られなかったお金の話

ども!

先日、いつものようにKindleUnlimitedで面白い本ないかな~と探していると、こんな本が見つかりました。

Amazon内での評判も良かったこともあり、

ぼく
ぼく
KindleUnlimitedだから無料だし、つまらなかったら途中で読むの辞めればいいや…

的な気持ちで読んでみました。

結論から言っちゃうとかなり面白い本でした!
普段語られているスティーブジョブズとは違う一面を見れたりするんですが、なによりピクサーの映画がめちゃくちゃ見たくなります笑

この本を書いた人

まず、この本を書いた人は誰か?ってところについてです。

著者はローレンス・レビーさんです。

このローレンスレビーさんですが、もともとは弁護士として働いていたようで、ある日スティーブジョブズから直接声を掛けられ、 ピクサーの最高財務責任者兼社長室メンバーに転進。

これだけ聞くと「え、めちゃくちゃいいじゃん」と思うかもしれませんが、当時のピクサーは何も映画化なんてしていないし、無名の状態です。

そんな無名のピクサーを株式上場させ、トイストーリーやバグズライフなどのヒット作を作るまでの発展に貢献した、かなり凄い人なんです。

本のあらすじ

本書は、ピクサーがトイストーリーを後悔するまでの裏話的な内容になっています。

当時のスティーブジョブズは、アップルから追放され、ズタボロな状態でした。また、ピクサーという会社も全然有名ではないときでした。

そんなときに、著者のローレンスさんはスティーブから「ピクサーで財務担当をやってくれないか?」という打診をします。(ローレンスさんはスティーブジョブズと家が近く、仲が良かったようです。)

これに対して、ローレンスさんは「ピクサーなんて聞いたことない会社だぞ…」と。

実際にピクサーに行ってみて見学をしてみると、まるで魔法のようなCGアニメーションを見て、一目で虜になってしまい、入社を決意します。

ちなみに、この時に見たアニメーションがあの「トイストーリー」の製作段階の映像だったのです。

そこからローレンスさんはまず、ピクサーの現状を把握しようとします。
が、ピクサーの社内は以下のようにズタボロの状態でした。

  • ヒット作を生み出していない
  • 製作費は全てスティーブジョブズがポケットマネーから出している
  • ディズニーが親会社で、ヒット作を出せても利益の大半をディズニーに持っていかれる
  • ピクサー社員のほとんどがスティーブジョブズを好んでいない
  • スティーブジョブズはほとんどピクサーに関わっていない

「こんな状況で、スティーブは俺に何をして欲しいんだ…」と嘆くローレンスさん。

スティーブの願いは一つ。ピクサーがトイストーリーを公開して、世界にピクサーの名前を知らしめて、ピクサーのIPO(株式上場)することでした。

そんなこんなで、ローレンスさんはスティーブジョブズやピクサーの社員たちとピクサーの株式上場を目指していきます。

感想

まるで小説のように話が進んでいく

ホントに、これ現実で起きたの?ってくらいドラマティックに物語が進んでいきます。

話がスラスラ進んでいくので、非常に読みやすいです。

何かに似てるな?と思ったのですが、それは「破天荒フェニックス」でした。
「破天荒フェニックス」も、どん底の会社を立て直していくという実話になっています。

この本を読んで、まるで自分もピクサーのスタートアップに携わった人になったと勘違いするほど、読んでいてワクワクドキドキするような内容でした。

トイストーリーが見たくなる

本書の内容のメインとなっている部分が、製作途中のトイストーリーの映画公開を目指しています。

トイストーリーと言えば、僕自身も小さいときに何回も見ていた映画です。

そんなトイストーリーの製作の裏話なので、自分としては「ああそうだよね」とワクワクしてしまったし、「あぁ、このシーンはこんな秘話があったのね」など、関心してしまいました。

トイストーリを見たことが無い人は、是非トイストーリーを見てから本書を読んでみて下さい。

そして、本を読み終わった後にもう一回トイストーリーを見てみてください。
きっと、一回目に見たときとは全く違う見方で映画が見れると思います!

自分だったらどうするか?を考えながら読むと面白い

この本では交渉の場面などが多々存在します。そんなシーンの中で、次の展開を見る前に「自分だったらどうするか?」ということを考えながら読み進めていくと、メッチャ面白いです。

そういう風に読んでいくと、本当に自分もピクサーの発展に携わった人間かのように錯覚できるし、おススメです笑

ていうか、それくらい入り込める内容になっています。

印象的だった部分

スティーブジョブズ、ピクサー社員の信念

ピクサーは、もともとディズニーの傘下でした。

ピクサーが映画で大ヒットを売り出したとしても、ディズニーが収益のほとんどを持って行ってしまうような関係だったそうです。

これを聞く限り、ディズニーが悪魔のように思えるかもしれませんが、当時のピクサーは無名であって、そんな無名な会社にディズニーという世界一のアニメーション会社がサポートしてくれる時点でとても有難かったそうです。

結局、ピクサーはトイストーリの映画公開で大成功を収め、ディズニーとピクサーは対等の立場になろうとします。

しかし、ディズニー的にはこの考えはNGでした。なぜなら、それを許容してしまうと、ピクサーはディズニーの強大なライバルとなってしまう可能性があったからです。

そんな時、ディズニーから「対等の立場にはできないけど、ピクサー側の収益をもう少し割合を大きくしてあげてもいいよ」、という打診がありました。

対等の立場になりさえしなければ、プライドさえ捨ててしまえばピクサーの収益が四倍になるという内容です。

しかし、スティーブやピクサー社員はこの内容を蹴りました。

理由は、「ピクサーはピクサーで、ディズニーのものではない」という強い信念からです。

普通、収益が4倍になるのであればその条件を飲みますよね?
そのような強い信念で仕事ができている人がどれだけいるでしょうか…
少なくとも、僕はできていません。うらやましい限りです。

ディズニーとピクサーのロゴに隠された秘密

今度ピクサーの映画などを見るときに意識してほしいのですが、ピクサーのロゴはディズニーのロゴと同じサイズで並んでいると思います。

これは、「ディズニーとピクサーは対等だよ」ということを表しているみたいです。
今まで何の気なしにロゴを見ていましたが、こんな奥深い理由が隠されているとは…

ピクサーのスタートアップに携わった人達は、このロゴを見る度に内心ガッツポーズらしいですよ。そりゃあ、ここまで苦労して手に入れたピクサーブランドですもんね…

いつもとは違うスティーブジョブズが垣間見える

スティーブジョブズが好きな人は、彼に対してどのようなイメージを持っているでしょうか?

  • 冷酷で合理的
  • 仕事に対してかなりストイック
  • 口が悪い

恐らくこんなイメージがあるのではないでしょうか?

しかし、本書の中で登場するスティーブジョブズはちょっと違います。
というのも、今までのスティーブ像は「人の話は聞かない」だったり「わが道を行く」という感じです。

が、本書に出てくるスティーブジョブズは意思決定をする際も経営陣に相談をしたり、プロフェッショナルからの意見を聞いたりしていて、マイナスイメージのスティーブジョブズの面はあまり見られませんでした。

本の中に登場する”人間らしい”スティーブジョブズを見る度に、「ああ、この人も普通の人間なんだな…」と安心してしまいました。

さいごに

いかがでしたでしょうか?

kindleunlimitedで無料で読める本だったので、加入している方も、加入していない方も是非読んでみてはいかでしょうか?

内容がとてもドラマティックで、とても読みやすい本でしたし、普段本を読まない方にもおすすめできます!

では、また。

ABOUT ME
ラキマル
ラキマル
関東在住。SEとして働いてる28歳です。 中身は人生色々なことして楽しみたい少年です。